痛風の検査方法を知っておきましょう

痛風の発作の痛みはかなりのものですが、無理をしなければ数日後には痛みがなくなります。
しかし、痛みがなくなったからと言って痛風が治ったわけではありません。
発作がおさまると、つい以前と同じ生活を送ってしまう人も多いです。
それでは確実に2回目の発作に見舞われます。
1回でも発作が起こったら、すぐに尿酸値を下げる治療を始めることです。
病院ではどのようにして痛風の検査を行うのでしょうか。
検査の内容は状況によって変わります。
発作が起こって病院に駆け込んだ場合は、CRP検査と血沈の検査、尿酸の検査の3つを行います。
ほかの病気と判断に迷う場合は、関節液検査を行うこともあります。
健康診断などで尿酸値が高めと言われて病院に行った場合は、まず最初に血液検査を行います。
炎症があるかどうかを調べるためです。
しかし、大事なのは痛風にならないように規則正しい食生活を送ることです。
正しい食生活の知識を身につけるようにしましょう。