心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げるために

動脈硬化になると、心筋梗塞や脳梗塞を発症する確率が飛躍的に高くなります。
医学が進歩し、心筋梗塞や脳梗塞を発症しても助かる確率はかなりアップしました。
しかし、依然として亡くなってしまうことは多いですし、助かっても障害が残ることが珍しくないです。
心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げるために、動脈硬化を予防するようにしましょう。
動脈硬化の原因は食生活にありと言われますが、それだけではありません。
喫煙や過度の飲酒も原因になります。
飲酒は適度なら身体に良い影響を与えますが、喫煙は百害あって一利なしです。
たばこはスパッとやめるようにしましょう。
また、ストレスも動脈硬化のリスクを高めることが分かっています。
ストレスを一切感じずに生活することはできないです。
避けようとすればするほどストレスは溜まるでしょう。
ストレスは溜めこまずに発散することです。
ストレスの発散法はいろいろありますが、運動をすれば一石二鳥以上の価値があります。